見出し画像

【代表インタビュー】COZUCHIをなぜやるか

トニー@COZUCHI

このnoteでは、COZUCHIというサービスをなぜやるか、武藤社長に直接インタビューを行いました。

――COZUCHIをなぜやるか、想いやエピソードがあれば教えていただけないでしょうか。

COZUCHIをなぜやるか、その理由は様々な視点からお話できるのかなと思いますが、企業、社会、投資家に分けて3つの視点からお話しましょう。

――企業から見た視点は?

企業としては、数字だけでは判断できない価値あるものを、多くの人に届けられるサービスを始められないかとの想いがありました。

不動産の投資における現在の金融ロジックでは、数字上、資産価値がないと判断された不動産に対しては銀行からの資金調達が難しく、つまり金融機関の裁量でかなり不動産市場が支配されている領域が多い状況です。
ただ、資金調達が難しい不動産でも、投資価値のあるものってプロの目線でみるとたくさんあります。

一方で近年ITが発達し、多くの個人の方とのコミュニケーションコストが下がり、もっと気軽に少額で投資できるバックグラウンドがここ数年間形成されてきていました。

さらに当時はコロナで人と接することができず、社内でもDX化が進み、僕たちがテクノロジーの凄さを改めて実感したのが昨年の2021年だったんです。

不動産クラウドファンディング事業は、2019年より「WARASHIBE」という名称で運営していましたが、2021年より事業としてさらに力を入れるため、COZUCHIとしてリブランディングを行いました。

――社会から見た視点は?

社会にとっては有効活用されていない不動産が活用されて、街づくりが活発になることですね。

例えば六本木とか西麻布とかいわゆる高級街といわれるような場所でも、銀行の融資が難しくて有効活用されていない不動産があります。
銀行は融資金が回収できないことを考えて、売却処分しづらい不動産に対しては融資を拒む傾向があるんです。

そのような融資付けが難しい不動産を売りたい、買いたいと困っている人がいて、そういう不動産に対してもクラウドファンディングで資金を集められるっていうのは意味がある。
結果、不動産が有効活用されて街づくりが活発になれば、その街に住む人にとっても良い効果があると思うんです。

現状そのような融資付けが難しい不動産へは、自己資金を用意できる資金が潤沢な会社しか投資できないんですね。
大きな資金調達ができる仕組みのあるCOZUCHIは、すごく社会的にも役割があると思っています。

――投資家からみた視点は?

一部の資産家に独占されていると言っても過言ではない不動産へ、少額から投資でき、利益を享受できる機会が得られたことは投資家としてもメリットがあると考えています。

投資家の皆さんからすると、色々な投資商品の一つに不動産があると思います。

小さいマンション一部屋買うんだって3千万円前後とか、東京で一軒家買うなら1億円とか、不動産って、多くの人にとっては住宅ローンを組んで一生に一度の買い物として捉えられている。
まさか不動産に投資するなんて、ほとんどの人は想像すらしない。

10年前はITも整っていなくて、世の中は色々足りていなかった。
1万円から不動産に投資できるなんて理想はあっても、現実には出来なかった。
そんな状況の中、COZUCHIを通して1万円から小口で不動産投資にアクセスできることは意義があると僕は思っています。

――最後に

不動産クラウドファンディングは社会が後押ししている部分もあるけど、あとはどうゆう思想で投資商品を設計していくかですね。

街全体からみても、街に携わる事業者さんからみても、投資する方々からみても、意味があるCOZUCHIは今後も展開をしていく意義があると考えています。

このnoteでは、僕がCOZUCHIのライターとして働くなかで学ぶ、「資産運用の不安を解消するヒント」をお届けしており、僕の成長記録にもなります。

そして、皆様のスキやコメントはめちゃくちゃ活力になります(笑)
ぜひ記事を読んで応援してもらえると嬉しいです!
記事の内容に関して不明点があれば、お気軽にコメント下さい!

▼次の記事も読まれる方は、下記をクリック▼

▼COZUCHIをもっと知りたい方はこちらをクリック▼

▼投資家登録をされる方はこちらをクリック▼


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!